破天荒な囲碁の神様:藤沢秀行の生きざま

成功の遺伝子で紹介された囲碁の神様:藤沢秀行

大のお酒好きで酔っ払って自宅に帰宅すると庭で用を足す

ギャンブルに、のめり込み数億円の借金を背負う破天荒な人物

 

数々のタイトルを手にし、囲碁の神様と言われた

頂点を極め重鎮となった後も40年に渡り、

日本のトップ棋士や若手棋士に指導

自分の持てる技の全てを惜しげもなく伝えた

これは囲碁の世界では考えられないこと

当然ながらタイトルをかけた決勝戦で

自分の技を伝えた教え子に敗れる事もあった

教えるなんてバカだ!と揶揄する声もあったが、藤沢には信念があった

「若手に負けて悔しくてもっと強くなりたい努力する、己を磨くためにライバルを育てているんじゃ!」

その努力によって史上最高齢67歳で王座のタイトルを獲得した

 

「大変なんだよ。戦うってことは…無限の世界にいる。上へ行けば上に行くほど大変なんだよ。努力がね」

 

そんな藤沢が病に倒れ、最期に残した言葉が「強烈な努力」

(1189)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク