黒のカリスマ:蝶野を育てた恐妻:マルティーナ

●蝶野正洋&マルティーナ夫婦

黒のカリスマ、プロレスラー:蝶野正洋

強面をいかしてバラエティなどでも活躍している

1991年、ドイツ人のマルティーナさんと結婚

現在は長男、長女の2人の子供に恵まれ、幸せに暮らしている

2人の出会いから結婚の経緯が、

NHK朝ドラ「マッサン」の主人公夫婦と瓜二つだという

 

●2人の出会い

24歳の蝶野は、留学先のホームパーティでマルティーナさんに出会う

蝶野の第一印象は「デッカイ中国人!」

 

●外国人妻の内助の功で夫が成功

黒のカリスマ ヒール役レスラーとして不動の地位を確立した蝶野

実はこれ全てマルティーナさんのプロデュース

結婚当時、キャラが薄く人気もイマイチだった

「ダサいから止めなさい」と悪役風ブラックコスチュームを自らデザイン

優しい目を隠すため、リング外では、いかついサングラスを着用させた

こうして日本を代表するプロレスラー 黒のカリスマ蝶野を育てた

現在、マルティーナさんはデザインセンスを活かすため

夫婦で立ち上げたアパレルブランド「アリストトリスト」のデザイナーとして活躍

 

実は、蝶野は緑色が好き

 

●嫉妬深いマルティーナ

仕事の接待の為、夫婦そろって招待された店で

女性店員が蝶野のタバコに火を点けた途端

「何 私の旦那を誘惑してんだ!」と店員に激怒

「アンタもアンタだよ!ニコニコしてんじゃないよ!」と肘鉄を食らわせた

(617)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク