下ネタで局に入社した女子アナ:赤江珠緒

フリーアナウンサー:赤江珠緒

●大坂の朝日放送の入社試験を下ネタで通過

当時付き合っていた男性の名字が金さん

珠緒の名を覚えてもらうために

「この人と結婚すると大変なんです」と自己紹介

この自己紹介で内定をもらった

 

大学生のとき 付き合い始めの男性と甲子園球場で野球を観に行った

男性が飲み物をこぼした

いいとこ見せるチャンスと、ティッシュを出したと思ったら、

生理用ナプキンだった

恥ずかしさのあまりバックに戻し、男性も見て見ぬフリ

それが気まずくて別れた

 

●祖父は山伏

母方のお爺ちゃんは、宮大工をしながら山伏活動をしていた

季節ごとに装束を着て山に登り、ホラ貝を拭く

そんな山伏の明石にある実家の風習が変わっている

・歌を歌いながら作る七草粥

・お通夜、大工が作った舟に遺体を乗せ、花を添えて

南無阿弥陀仏と書かれた帆が立て、舟を担ぐ

深夜0時に海に流し、決して後ろを振り向かないように別れる

 

●私服がダサい

博多大吉によると、胸にメガネがプリントされたニットシャツを着ていた

そのメガネの上に困った眉毛が

他にもマグロのお寿司Tシャツ…

 

●結婚

2008年にテレビ朝日のディレクターと結婚

朝日放送からテレビ朝日に出向した時に出会い、交際

大坂に戻った後も遠距離が続いたが、

高橋真梨子のコンサートに行き、桃色吐息のステージを観て、

幸せな気持ちになり、結婚の意思を固めた

(80)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク