モーニング娘。を卒業する道重さゆみの本音

おしゃれイズムでモーニング娘。を辞める道重さゆみが、その心情を語った

2014年11月のツアーでモーニング娘。’14を卒業、芸能活動も一時休業する

 

●卒業しようと思ったキッカケ

モーニング娘。は卒業と加入を繰り返して常に進化していくグループ

その中で後輩も頼もしくなってきたので、卒業は今だ、と思い立ったから

可愛いうちに卒業したい…毎日鏡を見てたらピークは今(25歳)だなと思った

 

●爪を噛む、眉毛を抜くクセ

元モーニング娘。高橋愛によると、道重が初めて教育係になった時

「テレビ映らないのでテレビつなぎに来てください」

「ビデオ録画できないので録画しに来てください」

「カーテンがつけられないんです」などなど

後輩:久住小春の無茶苦茶な頼み事に道重は、

久住の自宅にまで行き要望を叶えるために奔走

道重の眉毛がドンドン細くなっていき教育係制度が無くなった

道重にはイライラが溜まると、爪を噛む、眉毛を抜くなど体にあたる癖があった

 

●友達はダンゴ虫

小学生2年~3年生の時、他人と接するのが苦手で友達がいなかった

虫が好きだった道重は、学校の登校途中でダンゴ虫を何匹か拾い、

机の引き出しに隠して、休憩時間にダンゴ虫と遊んでいたという

 

●生粋のナルシスト

中学の友人:末次さんによると

道重は昔からナルシストでお店の鏡で自分が映っているのを見て

「あの子 可愛くない?」と言って鏡に映る自分を指してニヤけていた

 

●可愛いと言ってくれる母

モーニング娘。に加入した13歳の時、道重に付き添って一緒に上京してくれた母

コンサートも観に来てくれて「さゆちゃん、可愛いかったよ」と褒めてくれる

上手く出来なかったバラエティ番組を観ても

「ほんと面白い。さゆちゃん可愛い」といつでも褒めてくれる

 

●天然の姉

「食器を流しに持っておいて」と姉にお願いした

しばらくして流しを見たら食器がなかった

「あれ食器は?」「持ってったよ」姉が食器をお風呂場に持っていっていた

また別の日、「北京オリンピックってどこでやってるの?」と聞かれた

 

●今後について

演技が下手なので女優できない。歌も下手、顔でカバーしている

今後については考え中…らしい (463)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク