フジテレビビジュアルクイーン:遠野舞子は今…主婦の片手間にサロンを経営

1992年、「Mr.サブマリン」で歌手デビューした遠野舞子

翌年、内田有紀と共に2代目フジテレビビジュアルクイーンに選ばれたが

年齢を重ねるとともにいつしか表舞台から姿を消した

 

●フジテレビビジュアルクイーン:遠野舞子は今…主婦の片手間にサロンを経営

 

2010年、4歳年下の一般男性と結婚

2014年、息子が幼稚園に入園したのをきっかけに

サロネーゼとして まつげエクステ専門サロン:AlohaBeautyを

自宅で開業し、経営している

 

自宅でネイルや料理教室などのサロンを開いて

お金を稼ぐ主婦をサロネーゼと言う

 

その初期費用は、敷金 礼金 前家賃など60万円、

ベッドなどの備品30万円、人口まつ毛などの材料20万円、

美容師免許を持つスタッフ3名、合計150万円

 

そんな遠野の売り上げは、月100万円

(370)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク