役者を目指した俳優:鈴木亮平の行動力

●役者を目指した俳優:鈴木亮平の行動力

東京外国語大学で所属した演劇サークルをきっかけに俳優を目指す

 

原付バイクを購入して宣材写真を持ち込み、

片っ端から芸能事務所に営業をかけた

「下にいるんですけど」とアポイントなしに事務所の前で電話

「そういうのやってないので書類だけ送ってください」と全て断られた

ちょっとだけドアを開けてくれた事務所が1軒だけ

現在 所属するホリプロには、

ビルの大きさと受付に圧倒され電話もできなかったという

 

芸能事務所はダメだと思い、キャスティング会社に営業をかけた

すると話を聞いてくれたのは、2社

1週間後に宣材写真を更新しに足を運ぶ、

そんなことを繰り返しているうちに仲良くなり、

モデル事務所を紹介してくれた

 

友近亮平の名でモデルデビュー

 

ある日、モデル事務所がホリプロと業務提携

俳優志望として演技学校アクターズクリニックに所属

2006年5月、東レとデサントの男性用水着を

PRする初代のキャンペーンボーイに選出

 

●裸にテンガロンハット

大学時代の親友で脚本家の山岡潤平によると

自作の年賀状をマスコミ関係者の人たちに

自己PRを兼ねて送ることに2年ほど凝っていた

ある年は廃校になった旧校舎のトイレの、

なぜか鏡の前で上半身裸でテンガロンハットを被った、

よくコンセプトが分からない写真を撮影し、それで年賀状を作った

 

●高校時代のアメリカ留学

アメリカ オクラホマ州のクラスメイトがカウボーイだらけの高校に留学

ビバリー青春白書みたいな華やかなアメリカのハイスクールを憧れていたが、

カウボーイだらけで車がないと何処にも行けない超田舎

アルマジロ、シカ、コヨーテ、フクロウ、ビーバーなど野生の動物がそこら中に

 

●街中で爪を切る

マネージャーによると、いつでもどこでも爪を切ることをやめてほしい

渋谷のスクランブル交差点あたりなど街中でいきなり爪を切る

人にどう見られているかを忘れてしまう癖がある

 

●よく電車にカバンを忘れる

マネージャーによると、とにかく忘れ物が多い

電車の網棚にカバンごと忘れたり、気が付くといつも携帯電話を探している

気になることがあるとすぐ調べてしまう

カバンを肩にかけていると女性に当たってしまうので、網棚に上げる

調べ始めると、カバンの存在を忘れてしまう

電車にカバンを忘れることが多すぎるので もはや慌てない

(1065)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク