猫2000匹飼った舞踏家:長嶺ヤス子の猫生活

日本のフラメンコの第一人者

19歳からフラメンコを始め、24歳のとき単身スペイン留学

マドリード随一のフラメンコステージ:コラール・デ・ラ・モレリアで踊った日本人初のダンサー

2001年、蜷川幸雄や松本零士と並び紫綬褒章を受章

 

捨て猫や迷子猫など引き取っていくうちに

現在、80匹の猫と共に暮らしている

福島県猪苗代町にある民宿を改装に移り住んだ

改装費は1700万円

建坪150の6LDK

防水シートを壁にも張り、臭いの染み付きを防止

 

同居人の友達以上 恋人未満の広田宏とは、40年以上の付き合い

広田宏の本業は、シンガーソングライター

 

1か月、猫にかかる費用は80万円

長嶺のフラメンコは、1回200万円、10万、20万では踊らない

もっぱら描いた絵を売って猫の飼育費にあてている

 

●猫を飼うようになったきっかけ

35年前、深夜 車を運転しているとき、表参道で猫を轢いてしまった

猫を抱き上げたとき、命の尊さを実感した長嶺は、

懺悔の気持ちから捨て猫を見つけたらすべてを迎え入れた (72)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク