麻木久仁子が悔いる母との確執

●麻木久仁子が悔いる母との確執

 

23歳で結婚した母は、3人の子宝にも恵まれた

しかし40歳の時に夫婦のすれ違いが原因で離婚

 

それからは子供3人を引き取り、

わずか10畳ほどのワンルームで暮らし始めた

育ち盛りの子供を支えるため昼はOL、

夜は銀座でホステスとして働き、必死記子供たちを育てていた

とにかく朝から深夜まで働き詰めの毎日

家事や弟とたちの世話は、長女の麻木にすべて任せていた

 

当時、麻木は学習院大学に通う19歳

自分で学費を稼ぐためアルバイト漬けの日々を送っていた

時給500円の宛名書きからウエイトレスなど何でもやった

それなのに家に帰れば家事を強いられる生活…ストレスが溜まっていた

 

ある日、麻木の不満が爆発する

毎日のように親子は激しく衝突した

こんな生活になったのは離婚した母のせい、いつしかストレスは極限状態に

麻木は貧乏生活が耐えられず大学を中退

 

母と衝突したまま家を飛び出し、一人暮らしを開始

生計を立てるため芸能活動を始めた

 

そんな麻木の生態は変わっている

●夜な夜なバーボンを飲みながら包丁を研ぐ

酔っぱらって気分が良くなると包丁を研ぎたくなるという

(813)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク