Category Archives: デビュー/引退秘話

●実はアイドルとしてデビュー

すでに有名だったあびる優、酒井彩名の

ユニットに参加するオーディションに合格し、

2002年、アイドルユニット「Licca」のメンバーとしてデビュー

 

ニュースターオーディションの第一回グランプリを獲得したが、

その後、第二回は開催されていない

 

審査内容は、水着と歌

水着がエッチな目線で見られることを全く知らなかった木南は、

特技を聞かれ、「バレエをやっていたので体が柔らかいです。180度 開脚できます」とアピール

水着のまま180度 開脚。

 

翌日のスポーツ紙に掲載されたという (17)

スポンサード リンク

1972年、歌舞伎とは無縁の家に生まれ、ミュージカル俳優を経て

26歳で五代目坂東竹三郎の芸養子になり、関西 上方歌舞伎の世界に

2006年に名題昇進するも

2014年2月、坂東竹三郎に無断で現代劇「サロメ」に秋元道行の芸名で出演

竹三郎が松竹と協議し、2014年1月末付けでの芸養子解消された

 

歌舞伎界を辞めようとしていたところに市川海老蔵から電話が入る

「色々聞いたけどここまでやってきたんだから、あなたは歌舞伎をやるべきでは?もしその気があるなら僕はいつでも待っているから、また連絡ください」

歌舞伎界では、他の家を出たものを一門に加えないという暗黙のタブーがある

そのタブーを犯してまで海老蔵は、九團次を一門に迎い入れた

坂東竹三郎には、海老蔵自ら挨拶

海老蔵は、九團次にとって命の恩人となった

 

そんな大恩を感じる海老蔵のムチャぶりには、ノーを言わない

2018年3月の盛岡公演の際、

1日の内で、わんこそば大会、冷麺大会、

差し入れのカレーライス大食い大会をやろうと言われ、

わんこそば180杯、冷麺11杯、カレー7杯を食べ、三冠を獲得

 

実は、九團次は海老蔵より6歳年上 (16)

2011年、10歳の時、東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞

映画「君の膵臓を食べたい」で第41回 日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞

 

●東宝シンデレラオーディションは母親が応募

母親が自分の子供がどれくらい審査を通過できるのか、と試しに応募

ニュージェネレーション賞を受賞した

グランプリは上白石萌歌

高校1年生で石川県から上京、寮生活

ホームシックにならず、母親が心配するほど

 

●美波の由来は、浅倉南

父と母が好きな「タッチ」の浅倉南のような女の子になってほしいという願いから父に名づけられた

 

●SNSが苦手

使い方が分からず、アカウントも作れない

ブログを開設した2016年3月17日以降、2年以上更新していない

まず書くことがない。写真も撮らない。もちろん自撮りも

 

●極度の人見知り

洋服屋で店員から話しかけられるのが苦手

美容室で要望が伝え切れられず、左右がズレたり、前髪がえぐられたり、変な髪形になってしまう

友達の作り方が分からず、友達がいない

 

●揚げ物が大好き

鶏のから揚げが一番好きで、朝起きてすぐに揚げ物が食べられる

他にもとんかつ、コロッケ、アメリカンドッグなどコンビニのホットコーナーで売ってるものが好き

生地の甘さと油感が好きなので揚げ物は、すべてソースをかけない (23)

ビキニでギターを弾き、歌う斬新なスタイル

 

中学生の時、地元 北九州の のど自慢大会でグランプリを獲得し、

路上ライブから歌手活動をスタートさせた

もっと多くの人に歌を届けたいと19歳で上京

 

上京して入った事務所から、

グラビアしないと仕事ないからと言われ、水着を着てグラビアアイドルデビュー

 

並行してライブ活動も続けていたが、

自分の武器が水着であることに気付き、

水着でライブを始めてしまい服を着るタイミングを見失ってしまったという (29)

1973年、オーディション番組「スター誕生!」で見事合格した目黒ひとみ

同期には岩崎宏美、岡田奈々がいる

1975年、「私のシュガーボーイ」で歌手デビュー

徐々に人気が低迷し、19歳で表舞台から姿を消した

 

 

そんな目黒の娘:栞里は、アイドルとしてデビューした

2017年6月、3人組アイドルグループ Ring-Tripでデビュー

幼いころから母と同じアイドルになるのが夢だった (43)

スポンサード リンク