Category Archives: あの芸能人の生態

妹は安藤サクラ、父は奥田瑛二、母は安藤和津

高校時代から海外に留学

ニューヨークの大学で映画作りを学び

帰国後、監督助手として修業、

2010年、28歳で映画監督デビュー

2014年、監督した「O.5ミリ」は、映画祭で多くの賞を受賞

 

そんな安藤桃子は、今 娘と高知県に移住

何のゆかりもない土地だったが、

高知について3秒で「刀抜くならここだ!」と移住を決めた

自律神経が緩くなり、

光の妖精がいっぱい飛んでいるように見えたという

 

芸術で人に摩擦を起こして平和をもたらす

この革命を起こすには、高知県が最適だった

●ノリで映画館を建てられる

2017年に安藤がオープンした映画館キネマM

57席のミニシアター

外装や上映作品は、安藤プロデュース

ビルの所有者に勧められ、映画館をつくることになった

地元の方の協力と貯金を全て注ぎ、開始から2か月半で完成

高知は、やりたいことがすぐに実現するらしい

 

●ノリでレギュラー番組が持てる

映画館の宣伝を行える夕方の生放送でコーナーを持った

 

●海外のような振り切った県民性

二日酔いで会社に遅刻する際も、とことん二日酔いで遅刻する分にはOK (2)

スポンサード リンク

●自身の恋愛ソングに実体験は、入っていない

歌詞のネタは、たった一人しかいない親友に話を聞いたり、

少女漫画を読んで参考している

 

●北川景子が大好き

部屋にはポスターを貼り、毎晩寝る前に写真集を開いて

ベッドの横に置いて、拝みながら寝るという

ファン歴は、北川景子がseventeenの

オーディションを受けているときから

北川が雑誌の表紙を飾った時のヘアメイクを呼んだことも (10)

●須賀健太なしでは生きられない俳優:小坂涼太郎

 

小坂いわく、背中がデカすぎてかっこいんスよ。

優しくて…ずっと一緒にいたい。家族になりたい

 

2人の出会いのきっかけは、舞台「ハイキュー!!」の共演

すぐに仲良くなり、毎日連絡をとる仲に

 

マネージャーによると、キス写真、

恋人同士のような写真を良く撮っている

 

そんな小坂の夢は、健太君と一緒に住むこと (5)

17歳で芸能界デビューし、K-POP界を牽引

歌をリリースすればシンガポール、フィリピン、

タイなど世界7か国の音楽チャートで1位を獲得

 

そんなジェジュンだが、筋金入りのオトメ男子

趣味は、7歳から始めた料理、お裁縫

兵役の時には、仲間の軍服を縫ってあげたり、書く文字も超丸文字

 

フェラーリ4000万円、ポルシェ3000万円、ロールスロイス5000万円、ベンツ3000万円、ベンツ2000万円を所有

 

●8人の姉がいる

小学生から中学まで姉のおさがりばかり

化粧道具もこっそり使っていたという (2)

●俳優:佐藤隆太の親友は、芸人のクールポコ。小野まじめ

 

元々は、プライベートで行ったKEMURIのライブで会ったのが、最初

挨拶する程度の仲だったが、ライブに行けば会うので話すように

そのうちバンドのメンバー含めてライブの打ち上げに参加すると必ずいる

 

次第に家族ぐるみの付き合いに発展

子供同士も仲良くなり絆が深まるばかり

家族同士で食事に行くのはもちろん、ディズニーランドも一緒に (14)

スポンサード リンク