GENKINGとヘアメーク:おぐねぇーの関係

GENKINGとヘアメイクアーティスト:おぐねぇー

2人の出会いは、2005年、

まだ上京する前のGENKINGが地元 名古屋で友達と過ごしていた時、

そこへ偶然やってきたのが、おぐねぇーだった

「あっカッコいい、しかもオシャレで頼もしい」

東京で働く年上のヘアメークアーティスト:おぐねぇー

「今度遊び言った時、連絡していいですか?」

GENKINGから声をかけ、連絡先を交換

 

それから何度となく東京で将来の相談をしたり、

おぐねぇーからファッションを学んだ

仕事に情熱を燃やす彼に、いつしかGENKINGは想いを寄せる

 

そして意を決しついに「ごめんなさい 遅くに」

「どうしたの?」「上京しようと思って」

おぐねぇーを頼り、GENKINGは上京、同棲生活がスタート

この頃からおぐねぇーは、徐々にテレビに出始めた

ジュノンボーイベスト賞にも輝いたイケメンで、

女優、タレントのメークを400人以上手がけた

 

「あなたは手先が器用だからバッグに絵とか描いてみたら?」

自分の使わなくなったバッグをリメイクさせたり、

GENKINGのアーティストの才能を引き出してくれた

 

さらにGENKINGの芸能界への道を後押ししてくれたのも、おぐねぇーだった

 

しかし同性から半年、一向に仕事がうまくいかないGENKINGに、

「本当に俳優として成功したいなら金髪もやめなさい」

次第にGENKINGを想って、

叱咤激励するおぐねぇーの事が重くなっていった

 

2ヶ月ほど経ったある日、GENKINGは

何も告げずにおぐねぇーのもとを去った

 

以来、一切連絡を取らなくなった

何度かイベント会場で遭遇することはあったが、気まずくて避けていた

(925)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク