LUNA SEA河村隆一&公美の驚きの夫婦生活

ナイナイアンサーで河村隆一の妻が出演し、夫婦生活を赤裸々に語った

 

LUNA SEAのボーカル河村隆一・佐野公美の夫婦生活

2002年 第34回ミス日本グランプリ受賞

2006年、河村隆一と結婚

2009年、長男を出産

 

・2人の出会い

きっかけは、第35回ミス日本グランプリ受賞の相沢礼子からの紹介

結婚までの交際期間は半年間

同棲をはじめて3ヶ月くらい経ったとき、河村が

「そろそろ実家に帰ってもいいよ」と言ってきた

一人で静岡の実家に帰ろうと思っていたら「乗せてってあげるよ」

2人で一緒に佐野の実家に訪れ、河村が父に突然、

「結婚することにしたんでよろしくお願いします」と勝手に結婚報告

今考えるとあれって良かったのかしら…と考えることがあるという

ただ辛い感情を表に出すと河村は繊細なので傷つけてしまう

 

・今でも夫には敬語

夫を「隆一さん」と呼ぶ

 

・河村隆一の怒り

穏やかで仏様みたいな河村隆一だが、

怒りが沸点に達すると変面みたいにカチッと変わる

その怒声は、声量がありすぎて音が割れてよく聞き取れない

感情的に返したら感情的に返ってくると思っていたので、

夫のストレスにならないように努めて、

感情を押し殺して冷静に説明的に対応していたら

夫の怒りのオーラが膨らんでいき、

「お前の言ってることと真実の間には100万光年の隔たりがある!」

と激怒

 

・初めて怒られたぬか漬け事件

河村が大好きなぬか漬けを、

手がかぶれやすいからという理由で気にして扱っていたら

「旦那様が大好きな食べ物を扱う時に汚いものを扱うみたいに洗うなんて許せない!」と激怒!

 

・隆様メモ

夫が食べた物、行動、いい発言を書きとめている

 

・ザ・ブセナテラスのパジャマ以外はNG

河村隆一は、ザ・ブセナテラスのリラックスウェアしか着ない

「俺の気に入っているパジャマじゃないと着ないから」

 

・家事

基本的には妻の公子が家事をする

河村は監督する感じ、例えばお茶碗を洗って拭いて片付けようとすると

「ダメダメ30分そこに並べて干しておきなさい」と指示が飛ぶ

 

・料理

河村が「里芋の煮っ転がしを作る」と決めると

気に入っている本を持ってきて、その通りに作る

それを毎日、毎日、毎日、10日間くらい繰り返す

すると自分の考える究極の里芋の煮っ転がしに変貌する

 

料理を適当に作られるのが嫌

 

新婚のころは、豚肉の生姜焼きと

鶏肉を醤油で焼いた料理の2種類しか作ってはいけなかった

「好きなの作っていいぞ」と言われた日があり、ポトフを作ってあげた

ポトフを作って待っていたら「何だ これ?」「ポトフです」

「はぁ?そんな名前も知らない食べ物は食べたくない」

さすがに公子も「隆一さんは私に八つ当たりをしている」と言った

すると「曲を生み出す前は頭の中がいっぱいなんだ」

頭の中で曲を妊娠していて時期が来たときに

生み出すと清々して優しい夫が戻ってくる

それまでの期間は、つわりだからイライラするのは仕方がないと思うように

 

・夫:河村隆一は神

私は河村神社の門前の掃いている修業中の巫女

初めのころは、亭主関白を超えて神亭主

歌う姿を見ると全てのわだかまりや感情が無くなってしまう

手をつなぐことはない

2人で歩くときは、横を歩かせてもらう気持ちで

 

・喉が大事なのでキスはしない

河村が自宅にいるときは、寝室に河村と息子が寝て、

公子は別の部屋の小さいベッドで寝るという

河村と息子と妻の3人で寝ることを嫌がる

キスをしたのは片手で余るほど

 

・夫がいくら持っているか知らない

なのでお手当制、封筒で月の初めにまとまった額を渡される

子供の誕生日の月だったりすると

「今月はあの子の誕生日だからちょっと多めに入っているから」

 

・立ち会い出産

生むまでは公子が持ってきたリラクゼーションCDを流していたが、

生んだ瞬間に河村隆一のCDに切り替えられた

 

・ピクニックNG

家庭的でない河村が、一生懸命何とかしようとしてくれている

ある日「ママが1番 今したいことは?」と聞かれ

「子供ができたらパパと3人でピクニックに行くのが夢だったんです」

「ピクニックは無理だけど公園には行ってあげる」

黒い革の帽子、サングラス、マスク、ロングコートで変装して公園に

変質者のような夫を見て酷な要求だったと気づいた

 

●別居

2009年、久々に家族3人で京都旅行を楽しんでいた

京都に住んでみたいなぁ、と呟いた河村は、目の前にあった不動産の中へ

突然、「このマンションを購入したいんですけど」

衝動的に京都の新築マンションを購入

マンションは購入時、まだ建設中で更地だった

「前から京都にセカンドハウス欲しかったし、こういうものはゼロから作った方がいいよね」

「はい」公美は了承

「じゃあママはケンちゃんと京都に住んでマンションが出来上がるのを近くで見守っていて」

「私が京都に住むんですか?」

「マンション建つまで心配だからママはここにいてね」

そのまま、妻と息子がその日から住める賃貸マンションを契約してしまった

結局、公美は1年半も京都で暮らしたという

(6211)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク