NEWS加藤シゲアキが小説を書くようになったきっかけ

●NEWS加藤シゲアキが小説を書くようになったきっかけ

 

NEWSのメンバーとして歌にドラマに大活躍する一方、

2012年に小説家デビューを果たし、

処女作がいきなり発行部数20万部のベストセラー

その後も多忙なアイドル活動の傍ら、

2012年「ピンクとグレー」、2013年「閃光スクランブル」、

2014年「Burn.-バーン-」2015年「傘をもたない蟻たちは」

と次々と作品を世に送り出す

これまでの累計発行部数は42万部

 

●小説を書くきっかけ

仕事で携帯サイトの連載「吾輩はシゲである」をしたのかきっかけ

雑誌でエッセイやコラムの仕事が来るようになった

エッセイを書いていると、面白いことを書かなくちゃ、

というプレッシャーに疲れてきて、

フィクションで表現したいものを作りたいという気持ちが芽生えてきた

 

●アイドルと小説家の両立

アイドルが本業なので、執筆活動は帰宅後から日の出まで

アイドルしている時間も考えていられる

 

●人見知り

人見知りなので、基本的に自宅に閉じこもっている

一人で食事に行くことも、出前もできない (321)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク