犬猿の仲だったNON STYLEと笑い飯

粋な夜でお笑い芸人:天狗 横山裕之が語った犬猿の仲

 

それは横山がとある営業先のお手伝いに行った時に

舞台袖で泣き崩れるNON STYLE石田を見たという

NON STYLEがまだ大阪で活動していた頃、笑い飯とものすごく仲が悪かった

 

大阪で数々の賞を受賞したノンスタイルだったが、

笑い飯がM-1で決勝に行ってから立場が逆転

 

笑い飯 哲夫は「NON STYLEは人気だけど全然面白ないねん」と後輩に言っていた

誰かがボケてスベったら、哲夫は「いや おまえNON STYLEか」とツッコむように

ある花見の席で、石田がいるのに哲夫は「NON STYLEは面白ない」と暴言

普段は大人しい石田だったが、ブチっとキレて先輩の哲夫に殴り掛かった

 

2008年、M-1の優勝するためにNON STYLEが試行錯誤を重ね、

ようやく完成させたのが、太ももを叩く漫才だった

 

しかし出来た時期が遅く、試す機会が時間がない

最後に試したのが とある営業先

 

その営業先の出番が、NON STYLEに笑い飯

先にNON STYLEが出て、太ももを叩く漫才を披露するが、全くウケなかった

この漫才あかんのかな?と思いながら漫才は終了

舞台袖に帰ってく時に、ちょうど哲夫がその漫才を見ていた

すれ違いざまに「お疲れ様でした」と行こうとしたら

「何をNON STYLEのくせにおもろい漫才してんねん」

と哲夫は言いながら舞台に上がった

 

それを聞いた石田は、舞台袖で人目をはばからず泣き崩れた

 

やっと認めてくれた、この漫才面白い、この漫才イケる、と自信を得た石田は、

2008年の年末、この漫才でM-1を優勝した (5331)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク