Tag Archives: アイドル

1989年、アイドルデュオ パンプキンとしてデビューした小川真澄

同期にはribbonやCoCoなどアイドルグループ全盛期

激しいアイドル戦争に敗れ、1993年にパンプキン解散

 

●パンプキン小川真澄は今…2度の離婚、障害児の子育てに追われている

小川は、現在 鳥取県米子市に住み、

タイヤ販売所のナガミの経理として働き、3人の娘を育てている

 

次女には知的障害がある

人とのコミュニケーションが苦手で

突然幼い行動をしてしまうなど

物事の判断が上手くできず、パニックに陥ることも

彼女は現在、米子市内の養護学校に通っている

実は生まれつき障害があったわけではない

 

1993年、パンプキン解散、21歳で芸能界を引退

1994年、バイト先で知り合った男性と結婚

夫の実家がある鳥取県に移住し、長女と次女を出産

1999年夏、生後半年の次女が発熱、39℃を超え、一晩中 嘔吐を繰り返した

翌朝、近所の診療所へ、風邪と診断

その夜、再び発熱

病院へ行かず、翌朝 病院へ連れて行くことに

翌朝、総合病院へ行くと、髄膜炎と診断された

何とか一命はとりとめた

それから5年後、次女の成長の遅れを感じ、検査へ

髄膜炎の後遺症による知的障害と診断された

次女の障害が分かったころ、夫婦関係が悪化

2002年、結婚8年で離婚

2006年、34歳で再婚したが、夫の単身赴任をきっかけに

夫婦仲が上手くいかなくなり、2度目の離婚となった

子供3人を育てるため、週6かの事務仕事

どれだけ働いても月の収入は10万円ほど

 

小川は、あの時 すぐに病院に連れて行けば、と後悔している

 

2013年8月、勤めているタイヤ販売店社長と3度目の結婚 (27)

スポンサード リンク

1974年、歌手デビューし、その後はグラビアで活躍

1978年、「がんばれ!レッドビッキーズ」で美人警官役を演じた

しかしデビューから4年後、1978年、突如芸能界を引退

 

折原が経営しているブティックが、

・SOPHA(ソフィア):岩手県奥州市

1年以上の赤字が続いている

ブランド物の人気婦人服を東京で買い付けるため高級品が多い

 

1981年、幼なじみの男性と結婚

地元岩手に戻り、夫婦でブティックを経営

ハイウランド戦略がウケ、店舗数が7店舗に拡大

年商は最大で2億円

やがて双子の男の子にも恵まれ、順風満帆な生活を手に入れた

2000年代に入るとユニクロを代表するファストファッションブームが到来

岩手にも次々と低価格の大型店が出店

7店舗あった支店は経営不振に

気がつけば1店舗だけになり、借金地獄、総額4000万円

その矢先、2015年10月に夫が食道がんで他界 (156)

豊田は、生まれてこのかた自分でゴミを捨てたことがないという

とにかく足の置き場がないほどのゴミが散乱している

 

・玄関には、無造作に履き置かれた靴、

いつ買ったか分からないハンバーグ、そして実印

 

・脱ぎ散らかした服は、絨毯がわりで平気で踏み歩く

 

・キッチンにはゴミ袋が積み重なり、

流しには飲み干したペットボトルで埋め尽くされている

 

・母親がわざわざゴミを捨てるため、愛知県から上京してくる

 

・食べ残しは、冷凍保存している

カップ豚汁の食べ残し、チゲ鍋が入った鍋ごと冷凍 (147)

弟子が21人もいる落語家:立川志らく

そんな立川志らくの妻は、

Link Link Linkの元アイドル:酒井莉加

ファンキーネイルにアクセサリー、

刈り上げての緑メッシュヘアスタイル

 

●2人の出会いは、映画好きな志らくが監督を務めた「SF小町」

蛭子能収や春風亭昇太が出演するヒロインとして抜擢されたのが、

当時21歳の酒井莉加だった

これをきっかけに恋に落ち、4年間の交際を経て、

立川志らく42歳、酒井莉加25歳のときに結婚

 

●劇的ビフォーアフターで匠の手によって建てられた豪邸

外観は、国産の高級木材を使用した和の佇まい

15帖の広々としたリビング、対面式キッチン

立川流の象徴である丸み三階松の家紋の下にある棚を引くと高座が出てくる (811)

1996年、グラビアデビューした小島可奈子は、

バラエティにも出演し活躍

2000年以降、徐々にテレビの露出が減り、芸能界から去った

 

●元アイドル:小島可奈子は今…芸能界を去り職を転々、地元福岡で箱庭セラピーに転身

 

箱庭セラピーとは、砂を敷いた箱庭に人形を配置させ、

湖の水は濁っていますか?澄んでいますか?

この車には、誰か乗っていますか?

このベンチには、人は座っていますか?

この木は、実がなっていますか?なっていませんか?

と質問し、相手の深層心理を読み解く心理分析

 

30歳近くになった小島は、グラビアの仕事が激減

そのためコールセンターやバーテンダー、

銀座のホステスなどのアルバイトで生計を立てていた

37歳のとき、地元福岡に戻り、心理カウンセラーになるため

授業料45万円を払って学校で勉強

1年半かけてプロフェッショナル心理カウンセラーの資格を取得

現在は個人向けセラピーに加え、

講演会を開くなど心理カウンセラーとして活躍している

会社員の男性と結婚し、百(もも)ちゃんのママに (170)

スポンサード リンク