バンド」タグアーカイブ

2004年結成

ヨーロッパでは単独ツアーも開催した人気バンド

2013年、突然の解散、表舞台から姿を消した

 

●元ヴィジュアル系バンドOZのボーカル関根邦仁は今、アボカド栽培の農家に転身

 

ボーカルのNatsukiこと、関根邦仁は今、

新潟県燕三条でアボカドを栽培している

 

アボカドは、99%が輸入品

誰も食べたことがない国産アボカドを作りたいと挑戦

美味しいアボカドの秘訣は、寒暖差

新潟は、夜が寒く、日中はハウスの気温は30度

関根のアボカドは、甘さが濃厚と注目を浴び、

1箱6000円なのにネット注文が殺到し、抽選待ち状態

(51)

スポンサード リンク

かつてはJUDY AND MARYの恩田快人も所属し、

1991年に渋谷公会堂をSOLD OUTさせた

伝説のヘビメタバンド:JACKS’N’JOKER

●ヘビメタバンド:JACKS’N’JOKERのNIXX(西沢正浩)は今…ダンススタジオを経営

西沢正浩は、4年前に脱サラし、ダンススタジオを経営

・ダンススタジオ STUDIO NIXX:神奈川県川崎市宮前区宮崎6-9-5

現在 生徒数は100人を超えるまでに成長

2016年5月、娘の杏ちゃんは、

ポールダンス日本一を決める大会に出場

キッズ部門で見事3位に、しかも大会最年少9歳だった

 

そんな彼女を日々指導しているのが、

ポールダンス日本一になったmayumi

これまで安室奈美恵、島谷ひとみなど

数多くのアーティストのバックダンサーを務めている

 

西沢は娘が、先生のポールダンスを観て、

やってみたいと言ったのでキッズクラスを作った

 

自宅のリビングに杏ちゃん専用のマイポールを設置

それに伴い、アメリカのカフェ風に改装した

兄2人のためにもダンス部屋を提供

いつでも基礎体力が作れるランニングマシンを完備

(1365)

1990年、「さよなら人類」が大ヒットし、

独特な音楽で多くのファンを魅了した「たま」

「ついたーっ!」でおなじみの元たま:石川浩司の生態

 

●太鼓との出会い

そもそも19歳のときにギターの弾き語りでソロで歌い始めた

風呂無し、共同トイレのアパートに住んでいた

唯一の楽しみが、燃えないゴミの日に街を徘徊し、

色んなモノをかき集めてくるだった

一時期、家にテレビが8台あったことも

ある日、太鼓が落ちていた

みんなでライブイベントするときに、

おふざけで後ろで叩いたりしようと持ち帰った

それが、石川が太鼓を叩くきっかけ

 

●2万種類以上の空き缶を収集

全てを飾りたいが、家の中に空き缶が

2万本+2万種類以上あって収拾がつかない状況

こだわりは、自分が飲んだ缶のみを集めていること

そこそこの一軒家を借りて、保管している

他にも、インスタントラーメンの袋を収集

(139)

バンド:アカシックのボーカル:理姫

沿線で働くキャバ嬢のような けだるい口調、様相

デビューした後もお金がないのでガールズバーで働いている

現在、ガールズバーで知り合った不動産屋の彼氏がいる

 

●彼氏がダメ男ばかり

・元カレ1

最初、頻繁にアプローチしてくるスッポン料理屋の若旦那と交際

しかし付き合った途端に連絡が無くなった

 

・元カレ2

他にも、ダーツ隙の男性と付き合った途端に連絡が取れなくなった

横浜中のダーツバーを探し回ったところ、男性を発見

仲間といるワケでもなく女性といるワケでもなく

酒の飲まず、一心不乱にダーツをしていた

「私とダーツ どっちがいい?」と聞くと「ダッツ」と言われた

ちなみに作詞する歌詞には元カレのエピソードが入っている

 

●顔が真っ青に

伊勢佐木町の中華料理店で食事をしていた

酔っぱらい、気付くと自宅の玄関で寝ていた

妹から「顔が青いよ」と言われ、鏡を見ると顔が真っ青だった

それはトイレに顔をうずめたときのブルーレットの青だった

 

●整形する予定

(1084)

しゃべくり007で紹介

ゲスの極み乙女。はコミックバンドではない

下北沢のライブハウスで出会った4人で結成

インディーズ時代の楽曲「キラーボール」が

動画サイトで100万再生を記録

 

バンド名の由来は、キーボードのちゃんMARIが

ゲスの極み乙女。と書いてあったトートバックを たまたま持っていたから

 

大学を休学し怖かった教授に知られるのが嫌で

芸名にした川谷絵音が作詞作曲

 

ドラム:ほな・いこかの芸名は、

CDジャケット作成していた川谷が勝手に芸名を名付けた

 

キーボード:ちゃんMARIの挨拶は「コポゥ!」

 

顔が課長っぽい休日課長は、ほな・いこかが大好きで

気付いたら ほな・いこかのマフラーを巻いていたことも

(311)

スポンサード リンク