バンド」タグアーカイブ

重厚な演技に定評がある俳優:石橋凌

活躍の場は国内にとどまらずハリウッドにも進出している

元々は、伝説のロックバンド:ARBの元ボーカル

「僕はマイノリティ、何とか茶の間に切り込んでいきたい」と語る

 

●音楽

1956年、福岡県久留米市 5人兄弟の末っ子として生まれた

兄たちの影響で聴き始めたロック

高校に進学するとバンドを結成

数々のスターが巣立ったライブハウス:照和のステージでライブを行った

東京のレコード会社からソロでスカウトがあったが、

バンドで上京がしたいと全て断った

お世話になっていた地元ラジオ局の方に背中を押される形で上京

最後のチャンスと思って受けたARBのボーカルオーディションで合格

しかし当時の事務所が期待していたのは、アイドル路線のバンド

ロックを志していた石橋は事務所と決別

ワンボックスカーで全国のライブハウスを回って頭角を現した

しかし武道館でライブをしてもマイノリティ、

幼い時に聴いていたビートルズ、ストーンズ、CCRは、茶の間に届いている

その壁が超えられず、ここまでかなと思った時に、松田優作に出会った

 

●松田優作

直感的に自分が抱えている悩みを相談できると感じ、石橋は打ち明けた

「お前がいる音楽よりも映画の方が大きい、映画で名前と顔を売ってみろ」

松田優作は自身の初監督作品「ア・ホーマンス」で石橋を抜擢

石橋は これを機に俳優業に乗り出した

その後、松田優作はハリウッド映画に出演

しかしこれからという時に突然 病に倒れた

手を差し伸べてくれた松田優作の意志を継ぐべく石橋は、

ハリウッドで通用する日本人俳優になると決意を固める

そのために音楽活動を一旦 封印、俳優業に専念する事に

国内で実績を積み上げ1993年には、念願のハリウッドデビュー

その後も数々の映画に出演

石橋は松田のご仏前でハリウッド俳優になった事を報告し、

俳優に専念することに一区切りとし、音楽活動を再開した

 

●ジョン・レノンのような普遍的な歌を歌えたらいい

「このままじゃ終われない」と語った

(348)

スポンサード リンク

有吉反省会で紹介

 

●ロックなのにカリスマ主婦を目指すギタリスト:SHINPEI

 

DAIGO率いるロックバンド:BREAKERZのギタリスト

最近では自身のバンド:MUSCLE ATTACKでボーカルとしても活躍

強面の顔にムキムキのボディーで世の女性たちを虜にしている

 

そんなSHINPEIは今、

バンド活動とは無縁のカリスマ主婦のようになっているという

 

ブログでは、“題して『豆乳と鶏肉と野菜たっぷりスープ』”

事細かに料理の全工程と豆知識を交えながら、

主婦なら誰もが作りたい色鮮やかなヘルシー料理を紹介

 

さらに、カルキ汚れの落とし方、

排水溝の掃除など水回りの掃除テクニックも披露

100円ショップアイテムを使ってデッドスペースを収納に使うテクニック

 

アマチュアで活動している頃、調理師免許を取得

 

そんなSHINPEIが尊敬する人物は、コジマジック

 

夢は料理本を出す事

 

●カビ対策

・梅雨時期、帰宅するとすぐエアコンのカビ掃除を始める

雨の日はカビ取りをしないとエアコンを使えない

・入浴後、60度のお湯で風呂全体にかける

カビが発生する原因となる水分を拭き取る

(605)

おバカな大人マジリスペクトで紹介

日本一チケットが取れない落語家:立川談春

入門を許されるのは談春の目に適った者のみ

 

●立川談春の弟子を辞めて日本一カオスなバンド:NATURE DANGER GANGに加入した春太郎

立川談春によると、春太郎、小川太郎は何もできない子だった

何にも出来ないんだけどプライドが高くて

辛かったと思うんだけど嬉々として働いていた

 

そんな彼は、落語に挫折し、

NATURE DANGER GANGに出会って心を奪われた

 

 

NATURE DANGER GANGは、まさにカオス

天井にぶら下がり奇声を発する男、

制服に亀甲縛りの女、長髪を振り乱す男、

ひたすら食事を続ける男、全身まっ黄色に塗ったマネージャー

凄まじいパフォーマンスに熱量…

 

そして、その中に金髪リーゼントに着物を羽織った春太郎もいる

(1249)

スポンサード リンク