Tag Archives: 中日ドラゴンズ

1997年、キャッチャーとして中日ドラゴンズに入団した清水清人

しかし谷重の陰で出場機会が得られず、26歳で戦力外通告

 

清水は、現在 5年目に結婚した2つ年上の妻:幸枝さんと

島根県大田市五十猛町に住んでいる

2人の息子にも恵まれた

妻は家計を支えるため、地元のケーキ屋でパートをしている

 

●元中日ドラゴンズ:清水清人は今…漁師に転身

氷点下近くになる真冬の海、凍える寒さに耐え、夕方から朝まで作業を行う

寄港するとまら船を出して、週に3日、サザエやあわびを獲っている (221)

スポンサード リンク

1999年、星野仙一監督率いる中日ドラゴンズ

セ・リーグ優勝の立役者となった野口茂樹

この年、チーム最多の19勝を達成

最高年俸は1億4000万円に達した

しかし2005年、31歳で巨人に移籍すると肘の怪我もあり成績不振に

34歳で戦力外通告を受け、表舞台から姿を消した

●元中日ドラゴンズ:野口茂樹は今…照明の営業マンに転身

毎日のように頭を下げる日々

入社3年目、ようやくビジネスマンとしての常識が身についた

 

2007年、巨人在籍時に25歳の女性と出会った

2人は結婚を意識する関係だったものの

その1年後、野口は戦力外通告を受けた

しかし野口は肘が完治すれば復帰できると、

収入ゼロで自主トレーニング、野球浪人の道を選んだ

女性の愛は冷めず、戦力外通告の半年後に結婚

日中 保育士として働き、夫の支えた

子供を望んでいた2人は、夫婦で妊活に取り組んだ

しかし子供はできなかった

子供はできないのは、僕が妻を不安させているからかもしれない

戦力外通告から3年、野口の貯金は底をつき始めていた

いつまでも妻に甘えてばかりいられない

野口は覚悟を決めた

2011年12月5日、ラストチャンスと決め、12球団合同テストに挑んだ

しかし結果は、不合格

引退後、妻を安心させるため、就職

不妊治療…3年間で6回の人工授精を行ったが、妊娠せず

そして体外受精で妊娠

2016年10月18日、元気な女の子を出産した (218)

●元中日ドラゴンズの投手:山田善久夫は今…クビ宣告の末、わらび餅屋を開業

 

愛知県 東邦高校のエースで甲子園に3度出場、優勝も果たした

その後、中日ドラゴンズで中継ぎのエースとして活躍

23歳の時には、年俸3000万円

 

28歳で現役引退後、裏方のバッティングピッチャーに

そのころスチールカメラマンをしていた尚美さんと

球場で出会い、2001年に結婚

3人の息子を授かり、つつましく第2の人生を送っていた

裏方になって12年目、41歳のとき、何の前触れもなく突如クビを宣告

41歳にして無職となった

家族を養うため慣れないスーツを着て車のETCカードを売る営業を始めたが、

契約を取ることができず、たった3ヶ月で戦力外

山田は手に職をつけようと知り合いのわらび餅屋に弟子入り

1年間の修行中、山田の給料はゼロ

その間、子育ての合間を縫って妻が家政婦のパートで生活費を稼いだ

 

山田は今…妻とともに わらび餅屋を開業した

・喜来もち ろまん亭:愛知県名古屋市東区矢田南2-7-5

開業資金を抑えるため、喫茶店の居抜きを利用した (95)

●クロマティに殴られた中日:宮下昌己は今…米問屋を経営し、年商6000万円

 

1987年6月11日、巨人 対 中日、バッターは助っ人:クロマティ

宮下が投げたボールは、クロマティの背中に直撃

激怒したクロマティは、マウンドに突進し、ぶん殴られた

 

1991年、戦力外通告、プロ野球界から姿を消した

 

現役を退いた宮下は、吉祥寺でステーキ店を開業も5年で閉店

その後、チラシのポスティング、スーパーの売り子など職を転々

 

10年前、やむなく始めたのが、経営不振だった父親の米問屋

宮下は米を保管できればOKと店を構えることなく

月1万円でコンテナ倉庫を借りて、極限まで経費削減

 

米を配達するときに配る名刺には、

クロマティに殴られている宮下の写真を印刷している

この名刺を見せると営業の話に入りやすいという

結果、取引先は50軒以上 (219)

1980年代、中日ドラゴンズのエースとして活躍した速球投手:小松辰雄

当時、日本最速の154キロを叩き出し、

1985年には最多勝、最優秀防御率賞、奪三振王、

沢村賞、最優秀投手賞の投手タイトルを総なめ

 

●元中日ドラゴンズ:小松辰雄は今…能登料理の居酒屋を経営し年商5500万円

 

・能登 小松丸 海鮮山:愛知県名古屋市中区錦3丁目18−13

小松の地元 能登料理が食べられる居酒屋

「のどぐろの炭火焼」3980円

「サバのいしる漬干物」780円

最大40席の店内は、連日満席

 

実は、45歳のときに17歳年下の女性と再婚し、

子供に恵まれたが、自分の孫と子供が年子 (334)

スポンサード リンク