Tag Archives: 力士

身長192㎝、体重165㎏という恵まれた体格

入門前は柔道をしており、高校時代には全国制覇

アトランタ五輪の日本代表候補に選出

将来の横綱を約束され、鳴り物入りで相撲界へ

入門4年目で十両優勝

22歳で年収は2000万円

世間は若貴以来の日本人横綱を期待するようになった

しかし若ノ城は、ある理由で突然勝てなくなり31歳で引退した

 

●天才力士:若ノ城は今…糖尿病で生死をさまよい介護士に転身

茶話本舗デイサービス花咲で朝7時~夕方5時まで週5日働いている

現在、8歳年下の妻:真理さん、長男:宋哉くんと3人暮らし

 

当時、身体を作るために食べていたのは、米1升

そんな食生活が原因で、18歳で糖尿病2型を発症

それでも体重を増やすために1升の米を毎日食べ続けた

その裏では1日2回インスリン注射を打ち、糖尿病を抑えていた

そんな状況の中、入門4年目で十両優勝を果たし、前頭6枚目まで昇進

しかし勝てば勝つほど夜の付き合いが増えていく

すると糖尿病が悪化し、足の感覚を失い、全く勝てなくなってしまった

10年以上にわたる糖尿病との戦いの末、31歳で引退した

 

サラリーマンとして第二の人生をスタート

慣れないデスクワークにストレスも重なり、糖尿病が悪化

末期症状となる腎臓が壊れ、全く機能しない事態に

5年後の死亡率は70%

母親の腎臓を移植し、病状は安定した

1日に注射を6本、そして1日に飲む薬の量は、20錠 (3)

スポンサード リンク

1990年代の若貴ブーム

そんな中で若貴兄弟から勝ち星を重ねた琴別府

若貴キラーと呼ばれ人気を集めた

しかし度重なる病や怪我に泣かされ1997年に引退

32歳で表舞台から姿を消した

●若貴キラー琴別府は今…ラーメン店を開業し、月商200万円

 

引退後、脳梗塞2回、くも膜下出血1回、3度も命の危機に晒された

 

そんな琴別府が開業したのが、ラーメン店

・ラーメンいっちゃん琴別府店

 

「いっちゃんラーメン」650円

焦がしニンニクが入った濃厚な豚骨スープ

麺は中細麺

特製の醤油ダレで煮込んだチャーシュー

琴別府は地方巡業の際、ラーメンを食べ歩き、

替え玉を7玉するほどのラーメン好き

引退後、熊本のラーメン店で修行

1998年、千葉県で熊本ラーメン店をオープン

その後、故郷別府に移転

 

ラーメン店には、夜だけ営業する居酒屋が併設されている

名物は佐渡ヶ嶽部屋の直伝ちゃんこ鍋

料亭でしか扱わない特急品のかつお節を使用

手作りの鶏つくね

この居酒屋は1日1組限定 (49)

やりすぎ都市伝説で紹介

●横綱:曙が変えたイチローの未来

第64代 横綱:曙 太郎

豪快な取口で外国人初の横綱となった名力士

現役当時から曙ほど若い衆の面倒見たり、

気遣いする優しい男も珍しいと言われていた

 

1991年の春、小結に昇進した3月場所で

先代:貴乃花の持つ連続勝ち越し記録を更新した曙が、

そのお祝いを兼ねて場所後に温泉へ出かけた

 

温泉につくと玄関先で落ち込んでいた様子で涙ぐんでいた

面倒見の良い曙は つい心配になり「どうしたの?」と声をかけた

高校野球の3年生の少年は

「僕がスクイズに失敗したせいでチームが負けてしまったんです」と答えた

すると曙は「負けて覚える相撲かなという言葉がある。僕だって負けた日はがっかりするけど勝ちっぱなしの人生なんて存在しないよ」と励ました

すると少年は「ありがとうございます。元気が出ました」

とお礼を残し、帰って行った

 

それから数年後、横綱となった曙は場所中にある人物とばったり出会った

曙が「初めまして」と挨拶すると

「横綱、実は僕 横綱とは初めてではありません。何年か前、温泉旅館の玄関先で落ち込んだ野球少年を励ましませんでしたか?あれ僕だったんです。おかげさまでこうしてプロ野球選手になることができました。あの時 横綱から励まされた言葉 今でも忘れません。本当にありがとうございました」

その人物は、当時のシーズン安打記録を樹立し、球界の若きスターとなっていたイチローだった

 

イチローはのちに「何かしようとするとき失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います」

曙の教えを思わせる名言も残している (10576)

●イケメン力士:隆乃若は今…宅権を取得し不動産屋に転身

 

切れ長の目と引き締まった肉体で美形の若武者と呼ばれ、

若貴兄弟の後釜として期待されたものの度重なるケガに泣かされ、

2007年に現役を引退した

 

2013年に元CAの女性と結婚、一女をもうけた

16歳で相撲の世界に飛び込み、

勉強などした事もなかった隆乃若だったが、

家族を養うために35歳で初めての受験勉強、

寝る間も惜しみ3か月勉強し、宅地建物取引士に一発合格

さらにファイナンシャルプランナーの資格も取得 (501)

スポンサード リンク