東京出身だが、九州朝日放送の人気アナウンサーだったが、

たった3年で一人暮らしが辛くなり、東京にUターン

本人いわく、小学生のまま大人になったという

 

●実家が好きすぎる

・「生まれてこの方 彼氏が欲しいと思ったことない」という

 

・家族が大好きだから、毎朝毎晩 顔を合わせたい

 

・朝を起きて「喉 乾いたな」と言うと、

母が2種類のお茶とジュースを出してくれる

 

・大好物のブラックオリーブ、ピータン、

湯葉、豆腐は、常に父が買い置きしてくれる

 

・遅く帰ると母からの過保護すぎるメッセージが置いてある

“お帰り☆ お風呂洗ってあります ポットON 冷蔵庫 内 おでん・サラダ”

 

・ゴキブリが出ると父が輪ゴムで退治、遺体処理班の母が待機

若いときは、ハエを撃ち落していたという名人

 

●実家が好きすぎるアラサー宮島の生態

・一人っ子

 

・セクシーな下着は持っていない

 

・親に見られるので派手な下着は買わない

 

・テレビのエッチなシーンは家族全員真顔

 

・洗濯物は山積み、たたみ方も雑

 

・理想の男性は、父

 

・彼氏の条件は、ムダ毛がない人

父も祖父もムダ毛がなかったため、ムダ毛を知らずに生きてきた

 

・自宅でも外出時でも常に腹巻きを着用している

 

・スーパー戦隊が大好き

 

・あんな時もこんな時も絶対 終電までに帰る (70)

スポンサード リンク

地元を歩いていた時にスカウトされたのがデビューのきっかけ

元々芸能界には、興味があったので、

地元でローカルCMなどに出演するなど芸能活動をしていた

当初、上京を諦めた事を悔やみ続け、24歳でようやく決心、

雑誌で表紙を飾りたいと上京した

 

 

本名も本郷杏奈

 

身長:165㎝、生年月日:1991年10月17日、北海道出身、血液型O型

 

家族構成:180cmの父、170cmの母、170cmの姉、190cmの弟

 

趣味は、ランニング、旅行、ドライブ、映画鑑賞、音楽鑑賞

 

特技は、バイトしていた 銀だこで身につけたた こ焼き早焼き

 

たまに「~っけ」の方言が出る

 

事務所が違えば、清純派女優としてデビューしていたかもしれないほどの透明感 (17)

90年代一世を風靡した米米CLUB

中でもイケメンダンサー:コータローとして人気だったのが、竹下宏太郎

振付師としても一流だった竹下は、

米米CLUBだけでなくドリカムの振り付けや話題のCMで活躍した

さらに役者としても映画「新・静かなるドン」の主演に抜擢

しかしいつしかテレビの露出も減り、姿を消した

 

●米米CLUBのコータローは今…奄美大島に移住し、市の臨時職員として働いている

 

今 竹下は鹿児島県奄美大島の町はずれで

築40年、ボロボロの市営住宅の3DKに家賃9200円で暮らしている

 

一緒に暮らす妻との出会いは、バブル時代 西麻布のクラブ

2003年、3か月の交際を経て結婚

 

仕事は、奄美市の臨時職員として海岸の漂流物を撤去

稼ぎは月11万円

 

畑で野菜を育て、鶏を飼い毎日卵を取り、

草むらで野生のクレソンや長命草を集め、食材の足しにして

激安生活を送っている (51)

山口百恵、桜田淳子と共に花の中三トリオとしてブレイクし、

1986年、森進一との結婚を機に引退し、子育てに専念

 

その3人の息子が大活躍している

長男は、元ジャニーズのNEWSのメンバーでバンドONE OK ROCKのTAKA

二男は、テレビ東京の社員

三男は、バンドMY FIRST STORYのHiro

 

そんな森昌子の子育てが、スパルタすぎると話題になっている

・子供を呼ぶ時には、1番、2番、3番

 

・兄弟同士でも年上の兄には絶対に敬語

 

・門限を破ったらセコムで締め出し、庭で寝かせる

朝 窓から制服とカバンを放り投げて起こす

 

・長男TAKAの部屋のマンガや雑誌を捨てた際、

起こったTAKAに対して

「お前が1週間言って捨てなかったんだろ!知らねーよ!」

 

・反抗期にTAKAが歯向かってきた時には、

台所から包丁を持ってきて「お前を殺してそのあと母さんも死ぬから」

 

スパルタ教育について本人は

「歌手を生業としておりますが、自分の一生をかけた仕事は子育て」

 

森昌子の実母いわく「お前は鬼のような母親だ」 (6)

●風呂に入っている時に、1人で喋る

毎日、1人でお風呂に入っている時に、

楽しかったこと、ムカついたこと、

自分で喋って、自分で返事をする

例えば、「今日 なんもしゃべれなかったな、クソ!」と水をバッ!

 

●阿部寛と鬼ごっこする夢をよく見る

阿部寛とは会ったこともない

黒いマントを着けた阿部寛にタッチされた人は死んでいく

いつも逃げる川口が、タッチされるところで目が覚める (19)

スポンサード リンク