2000年に浦和レッズに加入

2008年8月20日、ファッションモデルの畑野ひろ子との結婚

 

オシムジャパンで唯一全試合先発出場

しかし長谷部誠にボランチの定位置を奪われ、

2015年10月20日に、16年在籍した浦和レッズを退団

 

●イケメンMF:鈴木啓太は今…腸内フローラを解析する会社を設立

 

腸内フローラの解析をする会社AuB(オーブ)を設立

アスリートの腸内フローラを解析し、

アスリートのコンディションイング、

パフォーマンスの向上を目指している

 

事業を通して、W杯に行けなかった自分の夢を選手たちに託したいという (1)

スポンサード リンク

1990年兵庫県立明石南高等学校卒業後、

大阪府池田市のダイハツ工業に入社

1992年、バルセロナ五輪で有森裕子と競った

しかし、高地トレーニングで体調を崩した影響から

何とか完走はしたものの2時間58分台の29位に終わった

 

1998年、2歳上のパン職人と結婚、2人の子供を授かる

2014年1月、夫が大動脈解離で亡くなった

 

●元女子マラソン:小鴨由水は今…保健のアドバイザーに転身

 

夫の死を機に、フコク生命に入社

新人の部で全国6位の営業成績をあげている (1)

2015年、カラオケ対決番組で連続100点を獲得し優勝

2016年、「♪あいたい」で念願の歌手デビュー

その歌に涙を流す人が続出

その歌声には、1/fゆらぎ があるという

 

1/fゆらぎとは、波の音や小鳥のさえずりなど

心地よさを感じさせるゆらぎの種類の1つ

美空ひばりや宇多田ヒカルも持つと言われる

 

21歳の時、歌の勉強をするため音楽の専門学校に入学

その学校を選んだのは、当時

憧れていたEXILE ATSUSHIが卒業した学校だから

今は色白だが、当時の林部は、髪の毛は短髪、

日焼けサロンに通い、肌を黒く焼いていた

しかし専門学校に入学するとクラスには、

たくさんのATSUSHIっぽい人が…

慌てて肌を黒くすることをやめ、髪を伸ばしてパーマをあてた (18)

元宝塚歌劇団・星組所属の元男役トップ:柚希礼音

東京宝塚劇場公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団

千秋楽公演は宝塚歌劇のライブ中継史上最大規模で行われ、

さいたまスーパーアリーナ、宝塚バウホール他、

全国45ヵ所の映画館、台湾の映画館でも生中継され、2万6000人を動員

宝塚史上最多、サヨナラパレードにファンが1万2千人殺到した柚希礼音

 

●串カツ70本を平らげる大食い

気付いたら串カツを70本食べていた

15㎏もあるトップの羽根が重く、運動量が多かった

 

●趣味はショッピング。好きな色は黒、白、ベージュ

未だプライベートでスカートを穿いていないという (141)

●2人の出会いは、2013年

介護福祉の仕事をしていた菜月さん

友人が我が家 坪倉と知り合いで、

川島も含めて食事したのがきっかけ

普通に交際が始まり、そして6か月後に妊娠が発覚

 

●がん

菜月さんは、川島のお腹周りを気にして健康診断を勧めた

川島は、健康診断終わり、温泉に行った先で

プロポーズをしようとしていた、

しかし病院から一本の電話がかかってきた

「ごめん…ちょっと がんが見つかっちゃって。このタイミングで悪いんだけど結婚しよう」

「私も出産するから一緒に頑張ろう」

10㎝に渡る開腹手術は、無事成功

菜月さんは大きなお腹で毎日 病院に通った

2015年2月3日に結婚

 

●トイレで出産

陣痛で苦しんでいるときに破水、

慌てて駆け込んだのがトイレだった

立ちながら苦しんでいたら、

ポンと赤ちゃんが産まれ、自分でキャッチ

すぐに救急車を呼び、その場で処置し、病院へ

 

●菜月さんの姉とその夫

姉は、河中あいという芸名で活動していたモデル

その夫は、俳優の袴田吉彦 (944)

スポンサード リンク