くみっきーが結婚を考えた元彼

元々モデルの仕事の関係で知り合った彼

第一条件の収入面もクリア、誠実な人柄に

この人と結婚したら絶対失敗しないだろうな、まさに理想の彼だった

 

ところが…彼は徐々にお金にルーズになっていった

毎回、会計の時に「財布にお金入っていなかった」

「お金おろしてくるの忘れた」

と色んな理由をつけて くみっきーが払うように

しかし結婚も考えていたし金額も少額だったので、

とがめることはなかった

 

決定的だったのが、彼が知らぬ間に

家賃○○万円の高級マンションに引っ越していた

「お金大丈夫なの?」と聞くと

「一緒に住むでしょ。一緒に住めば家賃 大丈夫と思って」

彼に不信感を募らせた くみっきーは、

「ちょっと自分に甘いんじゃない?」と言うと彼が豹変

「今さら何 言ってんだよ!こっちだって知ってんだよ!金、金、金 細かいんだよ!」

実はくみっきーは、お金を立て替えるたびに

細かすぎるほど手帳にメモしていた

 

その手帳に彼が逆切れ、結局、お金への価値観の違いから別れた

 

改めて振り返ると「今思うとお金にルーズなところ以外は私の理想を叶えてくれる相手だった」という

(344)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク