デビット伊東がラーメン店で年商2億円を稼ぎ出す秘訣

1986年、コントグループ:B21スペシャルで芸能界デビューしたデビット伊東

そんなデビット伊東は、実業家として本気でラーメンに取り組んでいる

現在、店舗数は東京3店、神奈川3店、静岡1店、マカオ1店と合計8店舗

従業員数50名で年商1億8千万円

 

●デビット伊東がラーメン店で年商2億円を稼ぎ出す秘訣

 

デビット伊東のこだわりは、強い

 

・厨房にお金をかける

 

・物件探しは喫茶店のそば

 

・長く続けるために地域に愛される店作り

 

・店のデザインはこだわらない。店の色はお客さんにつけてもらう

デザインは80点でいい。残りの10点は従業員が作り、

残りはお客さんが作るモノ。それで100点満点

 

・売上が見込めないと判断したら、即 閉店の判断を下す

従業員に悪影響な環境になったら黒字でも閉店を決断する

 

・業者と本音で値段交渉

A社100円、B社80円、C社50円だったらデビットは80円の業者に10円値引きしてもらう

全部の業者が10円安くしてくれると従業員一人雇えるのえ必死

長い付き合いをしたいんで、今儲けないでくれ!とはっきり言う

 

・食材は質よりアイデア、ひと手間を加える

客が納得いく値段で味を提供することにこだわる

 

・人を育てる

デビット伊東がラーメン経営して分かったのは、人を育てる大切さ

スタッフの育成に10年もの時間をかけてきた

 

・客目線で細やかな接客

 

・財布は寒くて暗い場所が好き

(509)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク