自由奔放すぎるV6:三宅健の生態

自由奔放すぎるV6:三宅健の生態

泉ピン子に「ピンちゃ~ん 肌キレイじゃん」と言えるほど

大物芸能人相手でも物おじしない性格で自由奔放

 

1979年、神奈川県生まれ

幼い頃は毎日病院に通っていた

そんな体質を改善しようと水泳を始める

すると次第に体も丈夫になりスポーツ大好き、活発な男の子に成長

幼稚園に入ると可愛い子を見つけてはチューをするおませな子に

 

中学2年生の時、親戚の叔母がジャニーズ事務所に応募

その2日後、ジャニー喜多川から電話が

「今度SMAPのコンサートがあるからYOU出ちゃいなよ」

そのままジャニーズ事務所に所属

SMAPのコンサートでいきなりステージデビュー

その後ジャニーズJr.として活動を始めると、

森田剛と共に剛健コンビとして一躍人気者に

人気はすさまじくデビュー前にコンサートを開催

 

15歳の時、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画、

ジャニーズ予備校セレクションが放送

ジャニーズ入りをめざし全国から終結した男子が

各地から集まったオーディションに当時14歳の岡田准一が参加

この時、審査員を務めていたのが剛健コンビ

2人が目をかけた岡田は見事オーディションに合格

その7か月後、バレーボール ワールドカップのイメージキャラクターとしてV6を結成

 

1997年から放送が開始した「伊東家の食卓」の長男役として出演

その後も舞台やドラマなど活躍

自由奔放なキャラクターでバラエティー番組でも人気に

 

●三宅健の第一印象

坂本昌行によると、とにかく歯を磨いている子

長野博によると、気だるそうな子供

井ノ原快彦によると、ヤバい奴だという噂を聞いていたけど意外といい奴でした

森田剛によると、生意気

岡田准一によると、森田と共にジャニーズJr.を変えたレジェンド

 

●三宅健に直してほしいところ

坂本昌行によると、コンサートのMCの時に話を振ると「え?何が?」と返ってくる

長野博によると、食い散らかす

井ノ原快彦によると、寝起きが悪い、人の話を聞かない、自分で言ったことを忘れる。いい加減にしてください

岡田准一によると、森田君を好きすぎるところ

 

●最年少:岡田准一はおもちゃだった

学校のあった岡田は早い時間に寝ていた

学校の無い三宅と森田は、岡田を寝かさなかった

寝ているところを襲って、いたずらしまくっていた

(729)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク