ノリで結婚を決断した南野陽子

バナナマンの決断までのカウントダウンで紹介

●ノリで結婚を決断した南野陽子

南野は自身の結婚を「ノリ以外の何ものでもない」と説明

2011年3月3日 インターネット関連企業社長と結婚

結婚の半年前、肉好きの友人たちと食事へ出かけた

そこにたまたまいたのが、後に夫となるインターネット関連企業社長

彼は肉好きな仲間の中でも特に上手い店に詳しく、

この日の店は彼のイチオシだった

その店が渋谷の人気店:松坂牛肉焼つる屋

南野はあまり肉の美味しさに彼の顔を全く覚えていなかったという

そして南野陽子43歳の誕生日

店に到着すると友人たちは遅刻し、そこに一人でいたのが彼だった

話題に困った南野は、ノリで…

「私43歳で結婚しようと思ってたんですけど それが今日なんですよね」

場つなぎでした話に、「ほな僕と結婚しますか?」

この時始めた結婚に向けてのノリトークは、その後 彼に会うたびに続いた

関西のしつこいノリ…

「結婚するならお互いの親にも会わなアカンね」「ホンマやね」

相手がいつ引くのかなぁと思っていたが、引かなかった

そして、あれよあれよという間に本当に彼の両親に挨拶に向かう事に

彼の実家近くのローカル線に乗り、電車が出発した時、

もう後戻りできない…ま いっか、と結婚を決断

 

マネージャーを怒鳴り散らす天狗だった南野陽子 (847)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク