喫煙事件で姿を消した元おニャン子:友田麻美子は今…独身 バッグ製作で生計を立てている

おニャン子クラブのエースと呼ばれた幻のメンバー

会員番号 No.7:友田麻美子

東京都出身、17歳にして

すでに洗練され大人の雰囲気を漂わせる友田は、

結成当初のおニャン子の絶対的な中心

しかし1985年4月25日号の週刊文春に1枚の写真をスクープされ、

おニャン子クラブをクビになる

それが「おニャン子クラブ喫煙事件」

デビュー曲「セーラー服を脱がさないで」の発売3か月前

センターは友田になると噂されていた

新宿の喫茶店で喫煙しているところを撮影され、

当時未成年だった友田を含む

5人の中心メンバーがテレビから姿を消した

 

●喫煙事件で姿を消したおニャン子クラブの幻のメンバー No.7:友田麻美子は今…

 

「セーラー服を脱がさないで」が25万枚の大ヒットする中、

友田は定職につかず、昼はイベントコンパニオン、

夜は西麻布のプールバーで地道に働いた

さらに両親が別居し、後に離婚

24歳の時には、結婚を考える恋人ができたが、直前で婚約解消

そんな友田は、48歳となった今も独身

独学でデザインを学び、30歳の頃から手縫いのバッグを製作

わずかな生活費をコツコツ稼いでいる

その傍ら、認知症の大叔母を介護

食事の世話から身の回りの面倒を見ている

 

ある日、突如 大量のバッグの注文が入った

その理由は、とある情報誌の片隅にバッグが掲載されたから

何気ない写真にバッグが口コミで広がり、

カリスマモデル:黒田知永子が持つまでに

するとマダムから注文殺到

バッグは完全オーダーメイドで好きな写真やデザインを刺繍

(608)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク