AKB48:大家志津香の母の雑すぎる子育て

親は福岡でいけす料理屋を経営

 

●小さい時からかなりのおてんば

例えば小学3年の頃、自宅のいけす料理屋に保冷車が来ると、

発車と同時に荷台の後部に捕まって、どこまで行けるか試した

鍵を持たずに家を出てしまった時は、

外から2階の部屋によじ上ったり、とにかくハチャメチャ

またある日は、台風のとき家の2階から傘を差して飛び降りた

ジャッキー・チェンごっこが大好きで、

自分の家の屋根から隣の家の屋根まで飛べるか?

など危険なことばかりしてきた

 

●母から雑に育てられた

・日本酒をぶっかけて治す

小学1年生の頃、キャンプ場で錆びた釘を踏んでしまった

破傷風になるかもしれないから病院に連れて行った方がいい

と周りの母親は勧めたが、父が飲んでいた日本酒を母が口に含み、

「ブーッ」とかけて「これで絶対、治った」と言われた

 

・ハチミツを縫って絆創膏で治す

学校で背中をバッサリ切ってケガをした

先生は母を呼び出して病院に行くように勧めた

傷を見た母は「これくらいならハチミツ塗って絆創膏で治るから大丈夫です」

これまで縫うような怪我は、ハチミツを塗られて絆創膏で治してきたたという

 

・おむつだけ持たされて家の外に締め出される

言うことを聞かなかったり、弟とイジメたりすると、

リュックにおむつを4、5枚詰められて「これで外で暮らしなさい」

と家から放り出されて鍵を閉められる

 

・スーパーで置き去り

スーパーで買ってほしいと地団太を踏んで泣くと

「そんなわがままな子は連れて帰りません」と置き去り

スーパーの店員が、家に連れて帰ってくれた

 

●一度だけ北原里英にキレられた

乳首の形が変なので大家は、コンプレックスで他人とお風呂に入れない

当時一緒に住んでいた北原とも、一度も一緒にお風呂に入っていなかった

ある日、メンバーと岩盤浴に行ったとき、時間をずらして温泉に1人で入った

「○○ちゃんと岩盤浴に行ってきました」とブログに載せると、

北原は、2人はお風呂に入ったんだと勘違いし、ブチ切れ

「なんで私とは入ってくれないのに その子とは入るの!」

そのまま口をきかなくなったので、仲直りするために

北原と大家は自宅のお風呂で電気を消してキャンドルを灯して一緒に入ったという

(554)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク