俳優:岡田准一が緒方拳から貰った言葉

1999年、岡田が18歳のとき、ドラマ「ディアフレンド」の撮影現場、

岡田はここで一生忘れられない言葉を貰う

 

2人がケンカをするシーンで、緒方拳はアドリブで平手打ちをしてきた

リハーサルではやらず、本番だけ

カットがかかると緒方は、ニヤリと笑ってこう言った

岡田の肩をポンと叩き「楽しかったろう?感情は動いたか?」

 

演じるって何なんだ、とにかく勉強しなきゃ、と思い、

仕事が忙しくても1日2本の映画を観て、

カット割りを書き出したり勉強を始めた

 

その後、俳優として駆け上がった岡田は、第38回 日本アカデミー賞で

最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞を同時受賞という史上初の快挙を達成

その壇上で「緒方拳さんに「お前は芝居を続けなさい。君は向いているから」と言っていただいて、なんとか続けてこられた」と挨拶をした

(76)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク