ハンガーラックに頭を打ち付けるSKE48:松井玲奈の自傷行為

行列のできる法律相談所で紹介

鉄道ビッグ4に加入したSKE48:松井玲奈

 

とても可愛らしいアイドルに見えるが、

●テコでも動かない頑固な性格

総合プロデューサーの秋元康は、

松井玲奈の凄さを聞かれ、美しい頑固と答えた

松井は納得できないことがあると、たとえ秋元に対してでも強く主張する

2014年12月にリリースされた「♪12月のカンガルー」の

歌詞を初めて見た松井は、この歌詞なんか違う、と秋元に直談判

「今回の歌詞はどうなんですか?もっと別のないですか?」

「わかった」秋元は松井のためもう1パターン別の歌詞を書いた

松井は2つの歌詞を比べ、結局 最初の歌詞を選んだ

 

●ハンガーラックに頭を打ち付ける

松井の不可思議な行動がAKB48/元SKE48:木崎ゆりあに恐怖を与えた

木崎がメンバーに入ってすぐのコンサート

佳境に入り残り3曲、楽屋で慌ただしく着替えていた時、

木崎の横にいた松井が突然、ハンガーラックに頭を打ち付け始めた

「SKEってやばいグループなのかな?ヤバい人なんだ」

と木崎は誰にも言えず、怯えながら活動を続けた

 

松井いわく、当時 腰を痛めており痛くて立っているのも辛かった

でもあと3曲でないといけない、

腰の痛みをどうしたら紛らわせられるのだろう、

と考えていたところ、目の前にハンガーラックがあった

痛みを紛らわせるため頭を打ち続けたという

 

●本番前に気合を入れるために顔を思いっきり叩く

チークもいい感じに赤くなるらしい

その松井の行為で何人か後輩が怯えている

(498)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク