戦国メイドカフェに通うSF作家:柴田勝家

アウト×デラックスで紹介

●戦国メイドカフェに通うSF作家:柴田勝家

2014年、小説「ニルヤの島」で

第2回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞

そのペンネームと見た目のインパクトから注目を集めるSF作家

 

 

・柴田勝家を名乗っているのは、もちろん好きだから

柴田勝家は猛将のイメージが世間一般だが一方で非常に部下に優しい

その優しい一面があるエピソードを見つけたのが、キッカケ

 

・本名は、綿谷翔太、近所では しょうちゃんと呼ばれている

「しょうちゃん 柴田勝家になったんだって?」と声をかけられた

 

・大学時代に女性と交際したが「好きだよ」と言い過ぎたため3日後に破局

 

・週3回、秋葉原にある戦国メイドカフェにはびこる

捕らわれた姫が客に給仕する設定

暇さえあればアキバに通う筋金入りのオタク

(603)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク