ヘアメイクに恋したビーチの妖精:浅尾美和のアプローチ

ビーチの妖精:浅尾美和の結婚秘話

●出会いのきっかけ

雑誌:BRIOの表紙の撮影の時に

ヘアメイクでついてくれたのが夫:俊彦だった

それまで男性が苦手でヘアメイクは女性だけ

しかし彼がヘアメイクをすると綺麗になった

この人に髪の毛触られても嫌じゃない、と思った

 

●付き合うきっかけ

出会った時、彼には彼女がいた

半年くらいのスパンで「彼女さんどうですか?」と聞いた

すると1年半くらいで「別れたんですよ」と。

浅尾から「ずっと好きだったんです。付き合ってください」

「これドッキリですよね?」と信じてくれない

彼は事務所の社長に連絡すると

「美和は本気だから考えてくれる?」と社長がフォロー

2週間後、電話で「これまで恋愛対象として見てなかった。これからしっかりと考えた結果、浅尾さんのこと良いなと思っていたのでよろしくお願いします」

 

●プロポーズ

引退した初めての誕生日、彼からレストランに誘われた

コース料理の最後のデザートが来る時に四角い箱がテーブルに置かれた

指輪かと思って開けてみると浅尾の好きな曲が入っているi-Podだった

i-Podを覗いていると、いつの間にか目の前に指輪が差し出されていた

「結婚してください」

号泣しながら浅尾は「はい。よろしくお願いします」

 

●夫:俊彦によると

結婚を決めた1番の理由は、有名な方なのに飾らず芋っぽいところ

浅尾の直してほしいところは、

僕はそこまで無口ではありませんが、いつも僕が喋ろうとしても

そこを遮ってバーッと怒涛の如く話してきて喋らさて貰えない

それなのに美容院で僕がお客様と

たくさん喋っているのをバックヤードで聞いていて

「トシ君 私にも色々話してよ」と言ってくること

(402)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク