ヤンチャだった俳優:浅香航大を救った先生との出会い

NHKの朝ドラ「マッサン」に出演後、ブレイクを果たした俳優:浅香航大

今でこそ爽やかな好青年だが、実は過去に深い闇を抱えていた

中学生の時、浅香は問題児として学校中で有名だった

学校をさぼるのは日常茶飯事、たまに授業に出ても寝てばかり

さらに些細な事ですぐにケンカ

他の生徒からは敬遠され、先生からも見放される始末

そのため2年生に進級する際、

浅香がいるクラスの担任を引き受ける先生はいなかった

 

そんな中、唯一手を挙げたのが、

学校に配属されたばかりの高田慎 先生

高田先生は浅香に対し、常に正面から向き合った

ある日、事件が起きる

授業中にも関わらずお菓子を食べていた浅香

「おい授業中だぞ!」「何だよ」

「殴れ!俺を殴ってお前の気が済むならやってみろ!」

結局 殴ることはしなかった浅香だが、

その日から学校へ行かなくなってしまった

 

すると…高田先生が自宅まで来てくれたのに、浅香は居留守を使った

しかしその翌日…高田先生の訪問は、

学校に行かなかった3ヵ月間 毎日続いた

その姿を見続けた浅香は、

俺なんかのことを こんなにも大事に想ってくれてるなんて…

先生の愛に涙が止まらなかった

そしてついに高田先生の気持ちに応え登校し、さらに高校受験を決意

死に物狂いで勉強した結果、見事 志望校に合格

 

高校進学と同時に夢だった俳優業もスタートさせた

(445)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク