葉加瀬太郎が高田万由子と結婚するまで

●葉加瀬太郎が高田万由子と結婚するまで

 

付き合いだしたのは、高田万由子が20歳で、葉加瀬太郎が23歳の時

益田孝 大倉喜八郎ら明治三大貿易商のひとつ高田慎蔵が高祖父

虎ノ門のホテルオークラに隣接する500坪の豪邸が高田の実家

かたや葉加瀬は、大阪 吹田の団地出身

 

そこから7、8年かけてようやく結婚を認めてもらうのだが、

最初は全く認めてもらえなかったという

 

初めて高田の父と会った日に、バイオリンを披露し、

以降「楽隊屋」と呼ばれるように

 

原因は、葉加瀬太郎の知名度

知名度が低かったので、笑っていいともの

友達紹介で葉加瀬太郎を紹介して繋いだことも

 

4年後、ようやく「バイオリン屋」と呼ばれるようになり、

名前は一回も呼んでもらったことがなかった

 

結婚式の夜に「おいちょっと来い」と言われ、部屋に2人きり

義父はシャンパンを開けて「今日から太郎って呼ぶからよろしく」

 

その後、娘が生まれた後、また部屋に呼ばれ、2人きりに

シャンパンを開けて「太郎 これでお前も俺の気持ちが分かるはず」と乾杯した

(3113)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク