貧乏」タグアーカイブ

幼い頃から貧乏だったNMB48:小谷里歩

AKB48チーム4も兼任していたが、

2015年9月13日にNMB48卒業を発表した

 

そんな小谷は、今も家賃が払えるかどうか心配している

 

・ナメクジが棲む浴槽

昔 住んでいた土壁の家のお風呂は、

浴槽のふちがナメクジの棲家と化していた

泊りに来た友人は、ナメクジのお風呂を見て 帰っていった

 

・握手会の衣装は、ファンからの貰い物

NMB48に入るまでジーパン2本とTシャツ5枚しか持っていなかった

私服で参加する握手会は、そのパターンの繰り返し

不憫に思ったファンから洋服がプレゼントされるように

家に毛布が無いことも伝えるとファンから毛布が送られてきた

 

・結婚の条件は、年収1200万円

卒業して月100万円稼ぐので、それより少しでも稼いでほしい

なので年収1200万円

(200)

スポンサード リンク

●家賃9800円の団地で育ったギャル系読者モデル:金子じゃねん

母親はスペインのハーフ

建築系の会社を経営していた父は、人に騙されて倒産

借金は億を超えた

幼い頃はインターナショナルスクールに通っていたが、

借金を抱えてからは、ボロボロに家に引っ越し、保育園に通うように

 

・保育園では金子だけ、靴下を履いていなかった

 

・指定の上履きも買えなく、一人だけキャラ物の靴を履いていた

 

・お風呂でお湯を使うと怒られる

入る前に、親からペットボトル3本の水を渡される

3本分の水を使い切る前に全身を洗わなければならない

 

・マンモス団地の最下層、築50年、家賃9800円

 

・川沿いに生えていたノビルを食べていた

 

・彼氏の家が一軒家だと、団地の自宅は教えない

 

・スペイン坂で野宿

交通費だけでも自宅から編集部まで往復1200円

モデルを始めたての頃、ロケが終わると、お金が持ったない理由で

深夜センター街の靴屋の前にある段ボールを持っていって

スペイン坂で朝まで寝ていた

(539)

貧乏だったカリスマモデル:くみっきー こと 舟山久美子の過去

 

建設会社を経営していた父だったが、人の良さが災いし倒産し、

借金4000万円を背負った

 

それ以前は豪邸に住み、裕福な生活を送っていたが、

築30年のボロボロの一軒家に住み、

雨漏りやネズミに悩まされていた

水が止まった時は、スーパーの冷水機でペットボトルに溜めて持ち帰った

電気が止められたときは、電化製品売り場でテレビ鑑賞

 

●ティッシュを食べていた

綿菓子にみえるから、口に入れてみたのがきっかけ

ティッシュを軽く丸めて口に含む、噛んでいると徐々に甘みが出てくる

甘みが無くなると飲み込んでいたが、胃がおかしくなり始めたので、

途中から味わったらゴミ箱に捨てるように

 

共働きだった両親は、安売りされたカップ麺を大量買いして子供たちに与えていた

そんな様子を見かねた隣人から、ご飯をご馳走してくれるように

夕飯はもちろん、朝食もいただいてから学校に通っていた

 

●15歳のとき、父から「学校に行きたいなら自分で払いなさい」と言われ、

7、8種類のバイトを掛け持ちして学費を稼いでいた

ガソリンスタンド、カラオケ、ピザの調理スタッフ、テレフォンアポイント、

ティッシュ配り、ヒサロ店員、焼肉店など

 

●17歳、スカウトされモデルデビュー

半年後に表紙を飾り、人生が変わった

読者モデルの時給は1000円だが、表紙は1回の撮影で1万円

 

●周囲からの嫉妬で孤立

わずか半年で表紙を飾ったことで周囲から嫉妬の対象に

「こいつかよ!」と言いながら くみっきーが表紙の雑誌を裏返しにされたり、

「ネットの掲示板に携帯番号が書いてあったので変えた方がいいですよ」

とファンから電話がかかってきた

 

●結婚観

お金がないから両親の夫婦喧嘩が絶えなかった

子供の頃からそんな様子を見ていたくみっきーは、

最低限のお金は必要だと強く思うように

普通に家族で食卓を囲むのは、お金がないとできない

 

結婚の条件は、貯金1千万円

子供の頃に病院に行けない、電気が止まっているなど

当たり前のことができない辛さがあった

安心感として貯金1千万円を結婚の条件にしている

 

交際する時は、くみっきー自身の貯金も告白したうえで

結婚が前提なのでストレートに「貯金はいくらありますか?」と聞く

(2039)

●貧乏女優:緑川静香がデビューしたきっかけ

5歳の時に父親が蒸発し、どん底の貧乏に

高校時代まで知人の物置で家族と生活

公園の葉っぱやスーパーの試食で9頭身に育った

 

雑誌の編集マンにスカウトされ、ずっと断っていた

「撮影現場にはお菓子がいっぱいあるよ」

と誘われたのが芸能界入りしたきっかけ

 

当時、貧乏すぎて白いご飯を食べるのが精一杯で、

お菓子は憧れでしかなかった

 

初めてグラビアが掲載された雑誌を母が内緒で2冊も購入していたという

 

月イチで使ってもよいお風呂が雷で破壊され、

タオルで拭くか、公園で水浴びするしかなかった

 

●筆箱はお菓子の箱が代用

小学校の時、筆箱が買えなかったので

友人の家で出されるアーモンドチョコレートの箱で代用していた

 

●ご馳走は、道端に生えている猫じゃらし

生の葉っぱと猫じゃらしの素揚げ

 

●特別な日だけのご馳走は、赤いきつねの炊き込みご飯

自転車を買ってもらえずいつも走っていた緑川は異様に足が速くなった

運動会で1位を取った時の、年に1度のご馳走

白いお米に、ちぎった麺、かやく、粉末スープをを加え、炊き込む

それを容器に戻して食べるのが緑川流

赤飯の代わりに食べる「レッドライス」と呼んでいた

 

●空腹に耐えられなく目の前のコオロギを食べた

味を一言で言うとマイルドでコクがある

左後ろ足から一口で ●国語の教科書は美味しい

国語の教科書が美味しいのは、

ストーリーを見ながら食べられるので香ばしく甘い

 

●公園の葉っぱを食べていた

何の葉っぱが食べられるか?母に聞くと

「火を通せば何でも食べられる」

しかし母がいないと火が使えない

「そうした時はどうしたらいいの?」と聞くと

「太陽には殺菌作用があるから、日光に葉っぱをかざしなさい」

自分の手が熱いなと感じたら食べごろと教えられた

 

●歯が生えた状態で生まれた

緑川が生まれる前、母のお腹にいるとき、

貧しい家に生まれることを予感していたのか、

母の栄養を取れるだけ取ろうとしたようで

出産のときに、歯が生えた状態で生まれ、

母の歯が全部抜け落ちてしまった

緑川家は先天性の貧乏で、母も栄養が足りていなかった

(1842)

チャンカワイの相方、Wエンジン:えとう窓口

幼少期は普通の家庭だったが、

父親の病気を境に人生が変わったという

 

●トタン小屋

自営業だった父、借家だったが2階建ての立派な家に住んでいた

しかし父親の病気で自営業の借金があったまま、

引越せざる得なくなった

その家を見た瞬間に「ウチはヤバい」と感じたという

キン肉マンのキン肉ハウスそっくりのトタン小屋

屋根だけでなく壁もトタン、家賃は2万5千円だった

 

●青いポリバケツの浴槽

壊れた浴槽しかなく、

拾ってきた青いポリバケツを浴槽代わりにしていた

外側に粘着テープで頑丈に貼って断熱材代わりに

(523)

スポンサード リンク